2008年01月23日

先日、2008年度の本屋大賞が発表になりましたが、そこに「ゴ
ールデンスランバー」という作品がノミネートされた、伊坂幸
太郎さん。

今年「死神の精度」という作品が「Sweet Rain」という題名で
映画化されたりもします。

私の1番のお気に入りの作家さん、そして大ベストセラー作家
さんなので、全てオススメと言いたい所なのですが、特にオス
スメしたい作品が1つ。

それは、デビュー作の「オーデュボンの祈り」という作品です



舞台は、江戸時代から150年の間、他の島(もちろん本州も)
と交流を持たないという「荻島」。
目を覚ますとそこに辿り着いていた主人公の元プログラマー、
現逃走犯、伊藤。
その島には、しゃべる事ができ、そして未来を見通す事の出来
る「案山子」が立っています。


ある日その「案山子」がバラバラの死体となって発見されます

一体なぜ未来を知っている案山子が殺されてしまったのか。
わかっていたはずなのに、なぜ誰にも助けを求めなかったのか

誰が殺したのか。

その謎を中心に「荻島」に住む奇妙な住民達と伊藤の交流、そ
して数々の謎とその答えが描かれています。

ファンタジーと思って読み進めているのに、なぜか妙な現実感
を感じる。

散りばめられたキャラクター達の言葉に、時折胸を突かれます

思わずラインマーカーで線を引きたくなるような衝動に駆られ
たりしちゃいます。

出てくるキャラクター達はとても奇妙で、嘘しか言わない画家
や、太りすぎて動けない八百屋のおばさん、気付くと地面に寝
そべっている女の子、それはジブリの世界観に通ずる物があり
ます。
そして、そんなキャラクター達の奇妙な行動には理由があるの
です。


日常生活の中で、嘘しか言わない人や、地面に寝転がっている
女の子を見れば、「変な人」と決め付けて、避けてしまう人も
少なくないのではないでしょうか。
でも、物事には理由があることを、近頃の人は気付いていない
ような気がします。
「なぜそんなことをしているのか。なぜそうなっているのか」
そう考える、想像力が徐々に欠けていっている気がします。


物語を読むことは、想像力を膨らませられる、とても素敵なこ
とです。
所詮フィクションだと言う人もいるでしょうが、フィクション
でも他人の人生の一部が学べれば、それは生活を送る上で、と
ても有効な情報だと思います。

「エンターテイメントは、心を育てる」とはどこかの誰かが言
ったような言葉でありますが、創作物はただの娯楽では無いと
私は思っています。


この作品は文庫落ちもしていますし、むしろハードカバーは現
在入手困難らしく。

古本屋さん等でも気軽に入手できると思いますので、ぜひ、何
か読みたいな〜と思ったら、手にとって見てください。
ミステリー好きならずとも、楽しめる作品だと思います。

オーデュボンの祈り.jpg
【関連する記事】
posted by TERU at 16:58| Comment(14) | お勧めの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんはー。

伊坂幸太郎は私の大好き作家ベスト3のひとりです。

実は私も伊坂さんのとある本を紹介しょうと思って
紹介文を書いてるところだったんです。
ほんとうに全てがお勧めですよねっ♪

なので、ここで伊坂さん好き同志を発見できて
嬉しくなりました。

Posted by 風子 at 2008年01月23日 21:17
こんばんは〜。

普通に打っていたつもりなんですが、なぜか読み辛い文章を送ってしまったようで、申し訳ありません(汗

こんな所にも伊坂さんファンが!と、こちらも嬉しい限りです。

伊坂さんの醍醐味と言えば、その作品間のリンクにもあるので、1冊読んだら全て読んでみてください。と言いたくなります。

それぞれの作品、全て題材が違うので、その人のお気に入りの一冊を見つけて欲しいですね。

魔王はサンデーで漫画化されているので、知っている人もいるかも。

風子さんのご紹介も楽しみにしておりますね〜。
Posted by 愛 at 2008年01月24日 01:52
こんばんはー、
えーと、実は私が書いていた紹介本はその”魔王”だったりするんですけども。
書き出したのはいいけれど、なかなか旨くこの本の魅力を現せないでいます(汗)
なので、伊坂さんはどの作品もお勧めすぎるほどお勧めなので
別な作品に変えようかぁ〜、と思案中だったり(更に汗)
後日私の伊坂紹介本が別な作品になってたら笑ってやってください。

あ、魔王続編がでるらしいですよね。めちゃ楽しみです♪



Posted by 風子 at 2008年01月26日 23:11
とても興味をそそられました!
探して手に入れたいと思います◎゛
紹介ありがとうございました!
Posted by 茶楽 at 2008年01月27日 00:35
>>風子さん
こんにちは〜。
私も「魔王」迷ったんです(笑
伊坂さんファンの方には「1番好き」となかなか言ってもらえない作品ですが、私の中ではベスト5に入る作品なんです。
兄弟とファシズムと超能力と。
少し前だったらたぶん「魔王」をご紹介してました。

伊坂さんの作品の中で一番、孤独に戦っているのはこの作品の主人公なんですよね。

他の作品もとてもオススメなので、どの作品をご紹介されていても、私はとても嬉しいです!

続編は「ギア」だけ読んだんですが、「魔王」も今年中には文庫落ちするでしょうですし、続編と一緒に読めるかもしれませんね。
本当に楽しみです。

>>茶楽さん
初めまして。
こちらこそ興味を持っていただいてとても嬉しいです。
茶楽さんにとって素敵な出会いになればいいなと、願っております。
また感想などあれば、聞かせてくださいませ〜。
Posted by 愛 at 2008年01月28日 15:20
>>風子さん
こんにちは〜。
私も「魔王」迷ったんです(笑
伊坂さんファンの方には「1番好き」となかなか言ってもらえない作品ですが、私の中ではベスト5に入る作品なんです。
兄弟とファシズムと超能力と。
少し前だったらたぶん「魔王」をご紹介してました。

伊坂さんの作品の中で一番、孤独に戦っているのはこの作品の主人公なんですよね。

他の作品もとてもオススメなので、どの作品をご紹介されていても、私はとても嬉しいです!

続編は「ギア」だけ読んだんですが、「魔王」も今年中には文庫落ちするでしょうですし、続編と一緒に読めるかもしれませんね。
本当に楽しみです。

>>茶楽さん
初めまして。
こちらこそ興味を持っていただいてとても嬉しいです。
茶楽さんにとって素敵な出会いになればいいなと、願っております。
また感想などあれば、聞かせてくださいませ
Posted by 愛 at 2008年01月28日 19:58
>>風子さん
こんにちは〜。
私も「魔王」迷ったんです(笑
伊坂さんファンの方には「1番好き」となかなか言ってもらえない作品ですが、私の中ではベスト5に入る作品なんです。
兄弟とファシズムと超能力と。
少し前だったらたぶん「魔王」をご紹介してました。

伊坂さんの作品の中で一番、孤独に戦っているのはこの作品の主人公なんですよね。

他の作品もとてもオススメなので、どの作品をご紹介されていても、私はとても嬉しいです!

続編は「ギア」だけ読んだんですが、「魔王」も今年中には文庫落ちするでしょうですし、続編と一緒に読めるかもしれませんね。
本当に楽しみです。
Posted by 愛 at 2008年01月28日 20:01
風子さん>こんにちは〜。
私も「魔王」迷ったんです(笑
伊坂さんファンの方には「1番好き」となかなか言ってもらえない作品ですが、私の中ではベスト5に入る作品なんです。
兄弟とファシズムと超能力と。
少し前だったらたぶん「魔王」をご紹介してました。

伊坂さんの作品の中で一番、孤独に戦っているのはこの作品の主人公なんですよね。

他の作品もとてもオススメなので、どの作品をご紹介されていても、私はとても嬉しいです!

続編は「ギア」だけ読んだんですが、「魔王」も今年中には文庫落ちするでしょうですし、続編と一緒に読めるかもしれませんね。
本当に楽しみです。

茶楽さん>初めまして。
こちらこそ興味を持っていただいてとても嬉しいです。
茶楽さんにとって素敵な出会いになればいいなと、願っております。
また感想などあれば、聞かせてくださいませ
Posted by 愛 at 2008年01月28日 22:53
同じ書き込みが何度も(汗
こちらのミスだと思います。
大変申し訳ありませんが、可能であれば削除お願いいたします。
すみません(汗
Posted by 愛 at 2008年01月29日 06:17
★愛さん

紹介してくれて本当にありがとうございます!
(*^ー^*)
昨日手元に届きました!
武者小路実篤さんの『友情』と共に…!笑

とても興味深いですね!
読んだのはまだ1/3P程度なのですが、ファンタジーチックかと思っていたらそういう感じでもなく、これから続きを読むのが楽しみです!!
Posted by 茶楽 at 2008年01月31日 22:45
ご紹介いただいてから、本を買い求めて、手許にはあったのですが、
他にも積んだままになっている本があったりして、中々読めずにいました。
先日、旅行に持って行くなら文庫本がいいよね・・・ということで、
「オーデュボンの祈り」を持って行きました。
往き帰りの飛行機と、空港から(まで)のバスの中で、読みました。

面白かった〜〜♪

ご紹介、本当にありがとうございました。
他の作品も順次読んでいきますね。

Posted by なおこ at 2008年02月18日 20:33
愛さん、こんにちは♪。

先程、「オーデュボンの祈り」手に入れてまいりました。
入手困難とのハードカバーの方でしたので、かなり嬉しいです。
同時に「死神の精度」も届いたので、これから読みますね〜☆。
Posted by みつこ at 2008年04月17日 16:51
愛さ〜ん、こんにちはっ!!
今日は日付を遡ってこちらへお邪魔しました♪
まだ『フィッシュストーリー』しか読めてない私ですが、
愛さんのこちらの紹介分をもぅ1度読み直させてもらったら、
もぅ、我慢出来なくなってきちゃいましたっっ!!
実は愛さんの紹介分が1番キャッチーだったり?!
・・というわけで、私もさっそく井坂コレクションに励みます♪
また読書が進んでお話したくなったら、遊びに来させてもらいますね♪
Posted by あぃあぃ at 2008年04月17日 17:38
>>みつこさん

こんにちは〜♪
オーデュボンのハードカバーを手に入れられたということで、うらやましい限りです〜。

文庫化の際に内容がカットされてしまったり、かなり改稿がなされたようなので、文庫版とは少し内容が違うらしいです。

文庫落ち時の改稿は、伊坂さんのパターンだったりするので、ハードカバーを持っていても文庫を買いたくなってしまうという現象が起こっちゃうんですよね〜。(あまり改稿されない作品もありますが。)

もし、機会があったら文庫版と読み比べしたりすると楽しいかもしれません♪

尚、私の紹介文は文庫版の内容をご紹介したまでですので、若干の違いがあるかもしれませんが、ご了承くださいませ(汗

その2つの物語がみつこさんとのいい出会いになるよう祈っております♪


>>あぃあぃさん

こんにちは〜♪
わざわざこちらにコメントいただいて有り難うございます!

キャッチーな紹介文になってましたでしょうか〜。
そう言っていただけて嬉しいです♪

「フィッシュストーリー」が、特にメインタイトルにもなっている「フィッシュストーリー」がお気に召したのでしたら、「チルドレン」を進めしたいですね〜。

「フィッシュストーリー」は各ストーリーにつながりのない短編集だったのですが、「チルドレン」は連続短編集になっていて、読みやすいかと思います。
文庫落ちもしていますので!

ちなみに「チルドレン」も映像化してますよ〜。
映画「Sweet Rain〜死神の精度」に出演されていた、小西真奈美さんが、オリジナルキャラクターとして出演していますし、こちらはエピソードの都合で序盤だけの出演なのですが、映画「重力ピエロ」で主人公を演じる加瀬亮さんが、盲目の男性を演じています。

こう書いてみると、伊坂さんの作品は映像化のときにキャストに恵まれている気がしますね〜。

作品読まれた時は、また感想お聞かせください!
Posted by 愛 at 2008年04月18日 10:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。