2008年04月01日

いずみ

一度は目にした人も多いのではないでしょうか?!

“ちいさいおうち”
ちいさいおうち.bmp

田舎暮らしだった“ちいさいおうち”の周りは、どんどん環境が変わっていきます。
緑が減り、ゆったりした時間もなくなり、空気が汚れ…
便利になる世の中だけど、時にはもう一度考える事があるのではないかと…
立ち止まって、身の回りを見ないといけないんじゃないかな、と思います。

今の大人に是非読んで貰いたいなと思います。
私も小さい時に読んでもらった絵本で、一番記憶に残っている絵本です。
【関連する記事】
posted by TERU at 18:24| Comment(8) | お勧めの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに時代の流れに沿って、街もだんだんオートに溢れてきたり、自然が削られたり...
「便利」=「進化」だとしても、「進化」=必ずしも「正しい」とは限らない。
難しいですね。
私も主要都市に住んでてとても便利な環境に居ますが、それがいつも心地いいとは...言えないですね。
Posted by そら at 2008年04月03日 14:47
そらさん

そうなんですよね。
今の暮らしが普通になって、快適に感じるけれど
果たしてそれは本当なのかな、思います。
ちいさいおうち、これからの事を考えると是非読んでもらいたいなと思います。
Posted by いずみ at 2008年04月03日 20:10
わぁ〜懐かしい!!(^^)
いずみさん、はじまして〜
思わずコメントさせていただいちゃいました。

私、この本、だ〜い好きですよぉ。
今も持ってます。
もう何年も何十年も前?(^^;の本だけど
その内容は、今読んでも
改めて考えさせられるものですよね。
Posted by きょうこ at 2008年04月07日 02:26
きょうこさん>

同じ気持ちで嬉しいです♪
当時は今のような気持ちでは読んでいなかったけど
今は大人の目線で見ると、考えるものがありますよね。
私も何十年も前の本、大事に持っています^^
Posted by いずみ at 2008年04月07日 08:11
懐かしいっ!!と思ってコメントしてしまいます。
小さい頃、この絵本がなぜか大好きでした。
日本語訳のものと英語のもの、どちらもうちにはあります!!

今考えると、便利さとその裏側を考えさせられますね。。。
この本から私がはじめに感じたのは『変わらないこの』のまっすぐさでした。。。
Posted by くらら at 2008年04月08日 03:55
くららさん

同じ気持ちの方がいて嬉しく思います。
幼心に響くものがあるんですかね♪
私も印象に残っていて、好きな絵本の一つです。

便利になるだけが良い事じゃないですものね。
もっと沢山の人に読んでもらいたい絵本です。
Posted by いずみ at 2008年04月08日 17:16
うわぁ〜懐かしい!って、思わず画面に向かって叫んでしまいました。
私の子供のころの大好きな絵本で、大人になってもずっとずーっと持っていました。
そして、自分の子どもにも何度もなんども覚えるぐらいに、読み聞かせてあげていました。
子どもらなりに色々と考えることも出来て、今!読んでもちっとも古臭さを感じないステキな絵本ですね。
Posted by ポッキー at 2008年04月11日 00:25
ポッキーさん

私も自分が小さい時に読んで貰ってた本をまだ持っています。
保育士をしていたので、クラスの子にも読んであげていました。
語り継いでいって欲しい絵本ですよね。
子どもたちの心にも響いて行く本だな〜と思います^^
Posted by いずみ at 2008年04月11日 18:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。