2008年04月02日

みつこ

昨日の映画の日に、ぬくぬくに心を温めてくれたすごくいい映画に出逢っちゃいましたので、お知らせさせて下さい。

映画名は「Sweet Rain 死神の精度」。

題名から、夜観て大丈夫かな?と思っていましたが、いい意味の大どんでん返し!まさに邦画万歳〜♪な映画だと思いました。

ネタバレしないようにオススメするのは難しいんですが…頑張ってみます。

生か死か判断するため、真剣にその人の話に向き合い、神(死神)ならではの世俗に染まらない崇高さが人間世界と交わることによって進むストーリー展開は、ぷぷっと笑わせてもらったり、うるうる泣きそうになったり…。

日本語の持つ響きだからこその言葉遊びや死神と連れ添うわんちゃん(←あえてこう書かせて下さい)との○○○(映画を観て楽しんで下さい☆)。
神様なのに○○○扱いされてしまったりなんかもして。
おおいにほっこり笑わせていただきました。

死神とのトークの中で語られる人それぞれの人生。
登場人物それぞれの思いを丁寧に描きながら、生きる事と死ぬ事の意味を死神と人間の視点両側からみつめることで、生と死について考えさせられたり、愛情ゆえに繋がる線も点のままにという愛にホロッと涙ぐんだり。
ある人を救おうと懸命に頑張る若い男の子の人生についての死神の言葉がすごく印象的でした。

寿命がある以上、失われていく命もありますが、繋がっていく命もあって、それは太古の昔から今も未来も続いていくもので…。
観ながら清々しい心地良い気持ちにさせてくれます。

全ての事象には意味がある。
人生っていいものかも。目的意識を持って生きるっていいかも。せっかくだからよりステキな毎日にしちゃおう♪って前向きな気持ちにしてくれる映画だと思います。

よろしければ、ご覧になってみて下さい。

公式サイトURL

http://www.shinigaminoseido.jp/

原作、とっても面白いとこちらでうかがったので、近々読んでみようと思っています。
【関連する記事】
posted by TERU at 12:22| Comment(8) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
映画、行こうと思っていたので楽しみです。
小西真奈美さんが主題歌、歌ってらっしゃるんですよね。可愛いくて演技も上手ですね〜彼女。
筧監督といえば「ロス:タイム:ライフ」。ドラマが面白いので書籍版購入・読んでます。
映画にドラマと今週は筧さんづくしになりそうです('-^*)。
Posted by MASATO at 2008年04月03日 04:31
MASATOさん>こんにちは。コメントありがとうございます(^o^)。

小西さん歌ってらっしゃいます。澄んだ歌声が映画の雰囲気とあいまってすごくステキです。

筧昌也監督関連では、今「美女缶」を読んでます。これって昔、ゆうばり国際映画祭オフシアター部門でグランプリを受賞したらしいです。
「ロス:タイム:ライフ」は友人に借りる予定です。ドラマも面白いですね。

「死神の精度」…春に向けてほんとにいい映画にであえたと思ってます。ぜひぜひご覧になって楽しんでいらして下さいね。
Posted by みつこ at 2008年04月03日 13:18
みつこさん、こんにちは〜♪

私も、ここVOICEでご紹介いただいてから、伊坂さんの作品に
ドップリ嵌っているんです。

私は、中々映画館に行けないので、原作を読もうと思っているのに、
いくつか行った本屋さんでは、何故か「死神の精度」が見当たらなくて、
大きな書店に行かなくちゃ!って思っているところです。

映画の方は、DVDになってから楽しみたいと思います♪

Posted by なおこ at 2008年04月03日 17:02
始めまして〜♪

映画「SweetRain〜死神の精度〜」ご覧になったんですね〜。
私は原作者の伊坂幸太郎さんファンなので、原作はだいぶ前に読み、この間文庫落ちしたので、再読したのですが、映画も面白いのでしょうか♪

噂に聞いたところ、原作で描かれているストーリーの中からいくつか(3つ?)を選んで、それらを繋ぎ合わせて映像化されているようですね〜。

小西さんがCDデビューという時点で若干のネタバレ感を感じますが、映画ではそうでもないのでしょうか。

筧監督作品を見たのは「美女缶」の「世にも奇妙な物語ver」と「ロス:タイム:ライフ」数話だけなのですが、面白かったので、どう映像化したのかとても楽しみです!
死神の千葉がとても好きなキャラなので、金城さんがどう演じているのかも気になるところですし。

伊坂さん原作の映画といえば、来年「重力ピエロ」が公開予定で、キャストが最近発表されました。
「死神の精度」とはちょっとニュアンスの違う作品ですが、よければ触れてみてください♪
Posted by 愛 at 2008年04月03日 20:12
こんばんは。
「美女缶」の書籍版は知らなかったので探してみます。
僕の見たDVD版、学生時代の恋愛を思い出しつつのミステリー。細部にもこだわりがあり、よかったですよ。
「美女缶」、現実化する事があったら賞味期限無しだといいなぁ(-_☆)。
Posted by MASATO at 2008年04月04日 02:22
なおこさん>コメントありがとうございます〜♪。
私もこれから原作を読むところです。
私の場合は、会社からちょっと足をのばすと映画館があるのでついついそちらへ…。
平日ってかなりすいてるので広い館内を独占できちゃうんです(^_^)v。
DVD化されたら買おうと思っているので、ぜひぜひなおこさんもご覧になってみて下さい。
おっ!うまいな〜!っていう描写が満載です。



愛さん>初めまして。こんにちは。コメントありがとうございます(*^_^*)。

死神の千葉さん、ユニークな(人間世界からみると?)、とっても味のある死神さんだと思います。時期が来た時にはこんな死神さんに看取られたいなぁ♪なぁんて思いました。

原作はこれから読むのでアレンジがあるかはわからないんですが、金城さんとってもいい感じで演じられていると思います。変身ぶりも見所かも♪。いくつを繋いでいるかは秘密にさせていただいてもかまいませんか?(愛さんNice!とだけ言わせていただきます)。

いろんな楽しみ方をさせてくれる映画だと思います。よろしければご覧になってみて下さい☆。

そして、原作は他にもストーリーがあるんですね。なんだかドキドキします。

「美女缶」今、読んでます。めちゃ面白いです!。本の中に「ロス:タイム:ライフ」も登場していました。ドラマ版は明日放送ですね。延長線もあるようで(^_^)v。

「重力ピエロ」検索してみました。
あらすじとキャストに映画化されたらどんな感じになるのか、すごく気になります。
加瀬亮君の「それでもボクはやってない」も印象的な映画でした。
先に原作を読んでみようと思います。

愛さん、いろんなこと教えて下さってありがとうございます(嬉)。



MASATOさん>こんにちは〜♪。
DVDでご覧になったんですね。近所のお店に行って表題を言ったらいぶかしげな目でみられてしまった(店員さんは、別のジャンルだと思ったらしいです)ので、街中のお店で見つけようと思っています。

今、本は50P目くらいなんですが、すごく面白くて、キャー!な感じです。

「死神の精度」を観に行ったことで筧監督の作品達を知ることができた事に感激してます。

私は「美男缶」を賞味期限設定可で希望〜(笑)。










Posted by みつこ at 2008年04月04日 11:09
予告や特集でたくさん見ましたが、タイトルや雰囲気と違い、あたたかいお話なんですね。
個人的に小西まなみさんがとても好きだし、タイトルも凄く好きなんですよね。
ずっと気になってました。
見に行きたいなあ...
Posted by そら at 2008年04月04日 20:31
そらさん>こんにちは。コメントありがとうございます♪。

表題通りSweetな映画だと思います。ゆったり心の充電したい時にピッタリかも(o^_^o)。

小西真奈美さん、私も好きですよ。最近だと、うさこ先生(合ってます?)や「明日の喜多善男」に出演なさってましたね〜。
「UDON」の試写会に御本人がみえられてましたが、とってもステキな女優さんだと思いました。
原作の伊坂さん、監督の筧さん、出演者の皆さんの魅力たっぷりな映画だと思います。

よろしければ、ご覧になってみて下さい☆。
Posted by みつこ at 2008年04月05日 05:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。