2008年05月20日

さちこ

日本で4番目の国立博物館として平成17年に秋、開館した九
州国立博物館(他の3館は明治時代に創建)
その建物に魅了され行きたい!!と思いつつ、福岡はあまりに遠
く、今年1月10日ようやく行くことができました
(つまりは早朝高速バスが福岡に到着してからサンパレスでのLIVE
までに時間があったから、ということなのですが)

もともと博物館には美術館ほど興味もなく、ほかの3館、東京
、京都、奈良のうち、近くの奈良京都にさえ数回しか行ったことがありませんでした。
この九州博物館も企画展に興味があったわけでも常設展をみた
かったわけでもなく、ただその建物の斬新さに惹かれただけだったのです。
でも、この九州国立博物館にいったことで博物館というものに
対する考えがかわり、他の国立博物館にも興味がわいてきて今度いってみようかな?とも思いました。

アクセスは比較的便利で、太宰府天満宮駅から徒歩で行けます
駅から直接、博物館へも行けますが、おすすめは太宰府天満宮
からのコース。
博物館の建物と感激的な遭遇が出来るからです。
天満宮の太鼓橋をわたり麒麟像を右へ、宝物殿と菖蒲池を抜け
ると空へも届かんばかり??のエスカレーター
エスカレーターを登り切ると、不思議な光に満たされたトンネ
ル(LEDを埋め込んだ動く歩道)
そしてその先にはおおきなおおきな...
山の稜線と同じなだらかな曲線と輝くチタンの屋根、おおらか
なその様子が、わたしには鯨のように見えました

観覧料は4階の文化交流展示(美術館で言う常設展示)だけな
ら、
一 般420円  高校生・大学生130円  と格安です
2時間あれば充分、時間が余ると思っていたのですが、とんで
もない
楽しすぎて一日中あそんでいても飽きないと思いました
Theater 4000などのCGを駆使した見せ方、おおきなおおきな
埴輪、香木は直接さわって匂いを確かめることもできました(
展示品入れ替えあり)
もしちかくにあったら毎月でも行きたい!!
わたしは大阪うまれ奈良育ちなのでもちろん邪馬台国畿内説支
持者ですが、出土品をみながら九州説にも一理あるかな?と不覚にも(笑)
おもってしまいました。

九州国立博物館
http://www.kyuhaku.jp/

独立行政法人国立文化財機構
http://www.nich.go.jp/

太宰府天満宮
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/

             

posted by TERU at 13:33| Comment(0) | 博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

しょも

みなさんこんにちは。

先日の、さいたまスーパーアリーナでのLIVEの翌日、
東京・上野公園に遊びに行きました。

『平城遷都1300年記念 国宝・薬師寺展』が、
東京国立博物館の平成館で、特別展として開催されていました


ユネスコの世界遺産にも登録されている薬師寺ですが、
目玉の一つ、日光・月光菩薩立像(国宝)が揃ってお寺の外で
公開されるのは初めてなんだそうです。

奈良の寺内では、光背(ハロス)のため後ろ姿が見えなかった
と思いますが今回の展覧会は、横からも後からもじっくりと見ることができました。綺麗でした。

会場は、日曜日ということもあり、たくさんの人で賑わってい
て、若いカップルから年配のご夫婦、外国人観光客まで、本当
に色々な方が来ていました。

それだけ、注目を集めている特別展なんですね。

実は、薬師寺展が開催されているとは知らず、国立博物館に着
いてから知ったのですが、上野にプラ〜ッと足を運んだ自分に
感謝です(笑)

私は高校生の時、修学旅行で奈良を訪れ薬師寺にも行ったので
すが、その時とはまた違った印象を受けたし楽しみました。
今20代半ばですが、少しは大人になった(年をとった?)のか
な!?

行ってよかったな〜と思いました。


薬師寺展は6月8日(日)までです。
TERUさんの誕生日まで!の方が覚えやすいかな(^−^)笑

公式HP
http://yakushiji2008.jp/index.html

東京国立博物館HP
http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=A01&processId=02&event_id=5129
posted by TERU at 17:15| Comment(7) | 博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

真奈美

京都文化博物館で1月16日〜2月24日まで
川端康成と東山魁夷 ー響きあう美の世界ー 展があります。

生前、お二人の間で交わされた書簡がまとまって発見され
美に対する精神性が垣間見られるのではないでしょうか?

http://www.bunpaku.or.jp/exhi_special.html
                
                  
posted by TERU at 17:23| Comment(2) | 博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。